スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山形 若乃井 岐阜に新登場! 

重陽の節句も暑いままでしたが、
ようやく、朝晩は涼しく過ごしやすくなってきました。

それとともに
ひやおろしが、どんどん入荷してきて、
ワクワクしています。

このところは、
お酒の記事を書かないまま日々が過ぎていたので、
一念発起、お酒の記事を。

今年の夏、あることがきっかけで
仙台の名店の店長さんから山形のお酒をご紹介いただきまして、
(サンセールさん、ありがとうございます。)

「若乃井」というお蔵とご縁が繋がりました。
「秋にラベルがリニューアルされたらお取引を。」
ということで、本日そのお酒が岐阜に初上陸♪

正式なお取引の前に、すでに
若乃井さんのブログでひろせの名前がでていてビックリもしました。
大沼さんは、どうやらお茶目な方らしいです。



サンセールさんが、自腹で送ってくださった、
若乃井の夏のお酒「夏宝」は、香り高く、
さっぱりとした旨みのお酒でしたので、
秋のお酒はどんなだろうと楽しみにしていました。


まず、驚いたのはラベル。DSCN7847.jpg
名前は、ラベルの右端にセットバックされていて
正面からは、ほとんど見えません。

赤ラベルは
若乃井 特別純米 秋宝(しゅうほう) 720ml 1,155円  1.8L 2,310円

黒ラベルは
若乃井 純米吟醸 華丸(はなまる)  720ml 1,627円  1.8L 3,255円

両方とも、雪室で低温熟成させた、1回火入れの生詰です。


早速、赤いラベルの秋宝をDSCN7848.jpg
いただいてみます。
うっすらと旨み予感させる色合い。
その予感どおり、ほどよい旨みが舌の上に。
夏宝で感じたほどの香りはありませんが、
その分旨みが、バランスよくまとまっています。


裏ラベルをみるとDSCN7849.jpg
2つともに「必冷蔵」の文字が。
「要冷蔵」は一般的に見ますが、
「必冷蔵」は初めて見ました。

要は、必ず冷蔵しなさい。ということですね。←そのままやんけ(汗
ということですので、見本のお酒ともども冷蔵庫に入ってます。

そういえば、あの印象的なラベルDSCN7850.jpg
じつは、布製なんです。
テーブルの上において呑んでたらちょいとリッチな気分になれますね。
色で、微妙に織り方も違っていて。
中々にカッコイイ姿です。

あ、黒ラベルは週末にでも試飲しようかな。

皆様、今週末はいろいろな「ひやおろし」が試飲できる
酒のひろせへお出かけ下さい。

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

店主

Author:店主
「酒のひろせ」の店長です。


ポチッとお願いします。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。