スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新成人へのプレゼントに!

20年物のワインはいかがですか?

普通、自分の生まれ年のワインを飲もうとするとン万円の世界。

でも、なかなかプレゼントにン万円はキツイ!

で。印象に残るけど、気軽に贈れる価格帯のワインを探しました。(^_^)v


今年は3種類をご用意しました。

20060107192057.jpg


画面左から。

1985年 イタリアの白 極甘口 375ml 3,465円(税込み)

1986年 ドイツの白  甘口 750ml  2,500円(税込み)

1986年 スペインの赤 ミディアムボディ 750ml 2,500円(税込み)


20060107192113.jpg



もちろん、「成人式なんか関係なぁ~い」という方にも。

美味しいのでお薦めいたします。

comment

管理者にだけメッセージを送る

今年もよろしくね!

あの~~、質問です。
ちなみに私が生まれた年のワインはいくらなのかなぁ。。。
そらから、これはすっごく恥ずかしい質問なんですが・・・笑わないでねi-181
ワインて古いほうが美味しいの?
店長さん、教えて下さいi-229

はい。お答えしたします。

ユジンさんが、早生まれでなければ、凄く良いヴィンテージなので、今でも飲めるワインが残っていると思います。

良いワインでなければ、長時間の熟成には向かないのです。

ですから、天候が良くなかったヴィンテージは、飲めるワインがないという事も普通にあります。

お値段の事ですが、何千円の世界ではない事は確かです。

例を挙げてみますと。
店長が25歳にボルドーへ行ったときに、生まれ年のChイケムを買おうとして値段を聞いたら、現地のワインショップで。30万円(日本円に換算して)と言われて買うのを諦めた事があります。
その時は、代わりにその一年前(全く良くない年で、すでに紅茶のような色でした。飲んでも美味しくないだろうと想像できる)のワインを買って帰りました。
両親の結婚した年だったので。
それでも、4万円程したかな。。(さすが腐ってもイケムですね)
この例は、極端ですが、店長の歳の場合ですと、やはり安くても2万円後半はかかると思います。(アバウトでごめんなさい)

ですから。
古ければ美味しいのか?という問いには『「飲み頃」が美味しい』とお答えしておきます。(答えになってます?^^;)つまり、安いものなら早く飲んだほうが良いし。高いものの中には熟して美味しくなるものもあります。

赤ワインの「飲み頃」は、タンニンがほどけて(正しくは不水溶性になって、だと思う)渋みが程よく丸くなった頃と思っておけば良いのでは。。
(だから、若いのにタンニンの感じないタイプのものは、スグが飲み頃デス)

理屈が多くてすみませんでした。
プロフィール

店主

Author:店主
「酒のひろせ」の店長です。


ポチッとお願いします。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。