スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酒屋八兵衛の元坂酒造さんへ

先日発売されたばかりのダンチュウにもお酒が取り上げられていた、
「酒屋八兵衛」の元坂酒蔵さんへ行ってきました。

3年越しのお願いを聞いていただき、
やっと造りの時期におじゃまして
作業を見せていただくことが出来ました。
(ありがとうございます。)

DSCN5558.jpg

                DSCN5559.jpg

「抜け掛け」といってDSCN5564.jpg
蒸気が上がってくるところに
順番にお米を敷いていきます。
そうすることで、蒸米のさばけが良くなります。
写真は、その作業が終わって布を上にかぶせたところ。

初めて分析室(写真左手の灯りのついた部屋)にDSCN5566.jpg
入れていただき、こちらで、朝ごはんを頂きました。

DSCN5572.jpg

           DSCN5580.jpg

                   DSCN5581.jpg

お米が、蒸しあがると、DSCN5584.jpg
掘り出して、所定の温度に冷ました後、
麹室やタンクに移します。

作業中の蔵人の動きは、一切無駄がありません。
以心伝心に、次々と仕事がこなされていきます。
まるで「能」の舞台を見るような感じ。見事です。
作業の意味を各人が把握しているので、
2人や3人の作業でも
決まった型どおりに動けるため
無言で、粛々と仕事がはかどります。
(これは、美味しいお酒を造る蔵に共通の事だなあと思います。)


このときの蔵内の温度は6度DSCN5589.jpg
奥に見える小さなタンクが、山田錦と伊勢錦の純米大吟醸。
香りをかがせていただきましたが、
うっとりする、いい香りがしました。

作業が終わるとすぐに道具を洗うDSCN5595.jpg
これも、美味しいお酒を造る蔵に共通の事柄。


午前中の蔵仕事が終わった後で、
今年のお酒のことや、まだ発表できないうれしい事など、
元坂社長にいろいろとお話を伺いました。
また、心に引っかかっていた疑問などにも、
分かりやすく解決の道筋を示していただけて
思わぬ収穫もありました。
(ありがとうございます。)


今月は、
人気で完売してしまった、純米無濾過生酒の再販売や
山廃純米無濾過生原酒の発売があります。
お楽しみに♪






PS.
帰りがけには、なぜだか・・・。
新さんや桐子さんと、
「えっちゃん」は素敵な人だ。
という噂話をしてお開きとなりました。(笑

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

ナゼ?(〃 ̄∇ ̄ポ)

No title

ダンチュウでさらに人気出そうですね
うちm美味しく頂きました

saladmanさん

はいはい。
美味しい~~ですよね。

えっちゃん

さ~て、なんででしょうね。(笑

ま、可愛い子は、あっちこっちで
噂される宿命なんでしょう。。。(爆

このところ、元坂さんのお酒の話も
あっちこっちで聞くようになりましたし。
そのおかげで、引きが強くなった気がします。
(ありがたい)


私も、早くあっちこっちで噂されるようになりたいです。(大爆
プロフィール

店主

Author:店主
「酒のひろせ」の店長です。


ポチッとお願いします。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。