スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東濃、三銘醸訪問記  三千桜編

先週の水曜日、東濃三銘醸めぐりに行ってきました。
というのも、先週の水曜日(12月9日)が、酒のひろせの今年最後の定休日で。

その前に、どうしても、三千桜の山田社長とお話がしたくて。
・・・いや、そこまでいくのなら
やっぱり、
鯨波の長瀬さんと、小左衛門の中島さんにもお目にかかりたい。

ということで、
いそいそと、配達車でお邪魔しました。

11時にお蔵到着DSCN4928.jpg

              DSCN4930.jpg


かわいい牛がお出迎えDSCN4931.jpg

                            それでは蔵内へDSCN4931a.jpg

中では、佐藤さんが黙々とDSCN4932.jpg

ラベル貼りの最中DSCN4933.jpg
お邪魔します~~。

山田社長兼杜氏さんにDSCN4937.jpg
蔵内を見せていただく

冷蔵庫で、タンクごと熟成中のDSCN4940.jpg
純米袋吊 五百万石 きれいに熟して飲み頃です。

                      DSCN4942.jpg

今期、ラベルをリニューアルDSCN4951.jpg
お酒のラインナップも整理されて分かりやすくなりました。

上品な紫のラベルは、「袋吊り」DSCN4949.jpg
白いラベルは「ヤブタの絞り」。
お米の表示は、肩ラベルで。
精白は裏ラベルに明記してあります。

よく見ると、全てが、「純米」表示になっています。
精白が、50%や40%であっても、
「純米吟醸」とか、「純米大吟醸」とかの表示はしてありません。
「裏ラベルで分かってもらえばいい。」
もっというと、「味で分かってもらえばいい。」ということのようです。

これは、
一般米を50%磨いて、1升2000円台で、「大吟醸」です。
というのとは、間逆な考え方。
内容の貧しさを、表示でごまかすような風潮への
アンチテーゼと言っていいかもしれません。

こういう、山田社長の考え方には共感をおぼえますし、素敵だなと思います。

ちなみに、今期は、
五百万石60%純米
雄町50%純米
愛山60%純米
山田錦40%純米

五百万石70%純米(R=リッチテイスト)
普通酒
のラインナップ。
そして
これの、袋吊が、何本かとなります。

あ、五百万石純米のにごりもDSCN4952.jpg
社長曰く「原点回帰」だそうで、モロミたっぷり。

程よい甘みDSCN4953.jpg
なめらかな舌触りです。


DSCN4955.jpg

わりと暖かだったので、DSCN4956.jpg
表でお茶でも。
とお誘いをいただきました。

なんだかゆったりとDSCN4957.jpg

時間が流れますDSCN4958.jpg
いろいろと、世間話やお酒談義をしながら21BYの計画を伺いました。

お暇しようとしていたところにDSCN4960.jpg
タイミングよく奥さんが、お帰りに。

お邪魔しました。DSCN4961.jpg

写真の右下のアップです。DSCN4961a.jpg
車が見えなくなるまで見送ってくださいました。
恐縮です。
ありがとうございます。



ただ今、酒のひろせで三千桜さんの21BY新酒好評発売中。

五百万石純米生 1.8L 2,650円  
(若いのに、まろやかで旨みを感じさせます。試飲をしていただけます。)

五百万石純米にごり 1.8L 3,000円  720ml 1,500円 
(バランスのいい飲み口で高評価をいただいています。)





comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

最後の御休みもきっちり御酒で締めましたね
その姿勢に感心します

No title

saladmanさん
ありがとうごございます。
この調子で、年内がんばりまっす。
プロフィール

店主

Author:店主
「酒のひろせ」の店長です。


ポチッとお願いします。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。