スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夫婦で小左衛門さんへ

10月最後の休日に夫婦で小左衛門さんへ伺いました。

私は今月2度目の訪問、家人は初めてでしたので、家人メインでご案内をしていただきました。

お出迎え下さったのは、中島修生(のぶお)杜氏。aFH000003.jpg

高価な蒸米機を購入されたので、aFH000001.jpg
釜場を使わなくなり、安全の為に昔の釜場を石のブロックで埋める作業中。
山本さんは、背が高いのでそんなに深く感じませんが、かなりの深さです。

神聖な場所ですので、埋める前にお祓いをされたようです。aFH000002.jpg


黙々と道具を洗う頭(かしら)の渡辺さんaFH000006.jpg
皆さん、人が見ていない場所でも黙々と作業をされています。
美味しいお酒を造られるお蔵に共通することですが、
お仕事をされるときは集中して寡黙でキビキビと働かれますので、
見ていて清々しく感じます。
自然と、このお蔵のお酒は美味しいだろうなと想像つくのです。

お蔵の一角にあるとある建物の中aFH000007.jpg
ハイカラな感じの洋間です。

堤防からお蔵の裏手をみる。aFH000009.jpg
敷地はなんと3000坪!

美味しそうな銀杏がぼちぼちと熟し始めていました。aFH000010.jpg

敷地の中には、綺麗な小川が流れています。aFH000005.jpg
そのうちの一つがこれ。(二つ小川が流れているのです。(^。^))

大きな榎(えのき)aFH000011.jpg

aFH000012.jpg

利き酒をさせていただきます aFH000013.jpg

杜氏さんは、お忙しいようで次のお仕事に向かわれ、aFH000014.jpg
社長の奥様にバトンタッチ。
中島杜氏、時間ギリギリまでお付き合いくださいましてありがとうございました。

女性二人で、なにやら盛りあがっている様子aFH000015.jpg

   aFH000016.jpg

矢野さんが、社長の指示でスペシャルなお酒を何本か持ってきてくださいました。aFH000018.jpg

超マイタイプのお酒が並びました。aFH000021.jpg
特に、直汲みは面白凄い味。こういう味、大好きです自分。
左から、
「秋田銀の精純吟直汲生原酒」
「純大愛山35%斗瓶取り生」
「純大山田錦40%斗瓶取り生」
「純大雄町45%斗瓶取り生」
もちろん、斗瓶はいう事なしの出来。
それぞれのお米によって、
こんなに味わいが違うのかと改めて認識しました。
酵母が同じだからこういう比較もしやすいです。

aFH000020.jpg

ほんとにゆっくりとお蔵を拝見させていただきました。aFH000022.jpg
ありがとうございます。
 

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

店主

Author:店主
「酒のひろせ」の店長です。


ポチッとお願いします。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。