スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初緑の木酒造さんへ

5月最後の休日、夫婦揃って飛騨金山の木酒造さんへお邪魔しました。
IMG_0582.jpg
お蔵は、何百年の歴史のある建物
IMG_0584.jpg
金山の地は、飛騨と美濃を結ぶ交通の要所で、飛騨の建築様式と美濃の建築様式が混じっている。(美濃の様式の「うだつ」があがっている。)
IMG_0585.jpg
県の街角美術館・博物館に指定されています。
IMG_0586.jpg

IMG_0587.jpg

IMG_0589.jpg
美味しい食品なども並べられ、お土産にも人気だそうです。
「お酒を飲まれない方もいらっしゃいますからね。」と木社長さん。
来訪された方に少しでも喜んで頂きたいとの思いが感じられます。
気さくに色々とご説明下さる木社長。IMG_0590.jpg
お話をいろいろ伺っていて「木酒造の中興の祖」と言える方だなと感じました。経営を引き継ぐ時には1300石の飛騨で3番目に小さかったお蔵を、この20年ほどで8000石の岐阜県トップのお蔵にされました。さらに、今年から初緑ブランドを立ち上げ(初緑という名前は以前からありました。)高品質酒の比率を上げていこうとされています。
IMG_0592.jpg
ポットスチル型の蒸留器。ここのお蔵では、焼酎はもとよりウオッカも造られる。
驚いたのは、この場所のいっかくに50年もののズブロッカが眠っていたこと。(私が生まれる前にスデにここにズブロッカがあったことになる・・・。)
お身内のかたが、まだ旧ソ連時代にロシアに渡ってズブロッカの製法を学んで来られ、小型の蒸留器で仕込まれたのだそうだ。
木社長は、さらりと「そのうち1升100万円位で売ろうかな・・・。半世紀経つお酒だから。」などとおっしゃる。
いつか一口だけでも飲ませて頂きたいものだ。(いったい一口いくらになるのだろう)
IMG_0593.jpg
甑と放冷機
IMG_0594.jpg

ラベルを貼って出荷準備をされていました。IMG_0595.jpg

IMG_0596.jpg
秘蔵ウオッカと秘蔵焼酎。一本20万円也。・・・ロシアの大統領に贈られたそうです。う~ん、日本のウオッカがロシアへ!先ほどのズブロッカのお話もあながち冗談ではないのかも・・・。なんとも凄いお話です。
IMG_0597.jpg
酒粕を原料に使用した石鹸。家人が興味津々です。お肌に優しいので、人気なのだとか。
IMG_0599.jpg
お蔵の正面から奥へどんどんと案内していただいたのですが、知らないうちに坂を上ってきていたようです。旧道から、バイパスまでの一区画まるまるお蔵の敷地なんだという事が表に出て初めて分りました。ちょっとビックリです。
IMG_0600.jpg
正面の山はバイパスを挟んではいますが、お蔵の山だそうです。立派な檜がたくさん植えられています。
IMG_0601.jpg

IMG_0603.jpg
初緑の額
IMG_0604.jpg

近くの美味しいお蕎麦屋さんIMG_0605.jpg
おいとまの時間がお昼にかかってしまい(10時に伺ったので、かなり長居をさせていただいたことになります)木社長とお昼をご一緒させていただきました。(ご馳走様でした。m(__)m)

初緑のことはコチラからご覧下さい。

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

店主

Author:店主
「酒のひろせ」の店長です。


ポチッとお願いします。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。