スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「高橋禎彦ガラス展」inギャラリーなうふ

高橋禎彦氏のガラス展に行ってきました。

作家さんのお話が聴けるオープニングパーティという事でちょいと緊張しながら・・・。

「ギャラリーなうふ」さんは、金華山ドライブコースの入口の「なうふ坂」にあります。n1.jpg

高橋禎彦ガラス展の案内表示n2.jpg

なうふさんの入口n2b.jpg

夕日が綺麗です。n3.jpg

さて、それでは中へ・・・。n4.jpg

すでに、皆さん集まってみえます。n5.jpg

n6.jpg

赤いドアの入口の奥がギャラリースペースn7.jpg

                                n8.jpg

皆さん、思い思いにドリンク&フードとおしゃべりを楽しんでn9.jpg

和気藹々とした雰囲気n10.jpg

とりあえず、ギャラリースペースを拝見n11.jpg

                           n12.jpg

さあ、ギャラリースペースでn13.jpg
(なうふさんが10年前にオープンしたときの第一回目のアーティストが高橋さんだったそうです。)
アーティストトークの始まりです。n14.jpg
なぜ、作品を作るのか?という根源的なお話から、現在の場所に工房を作られるまでのお話まで、幅広く面白かったです。特に印象に残ったのは、コミュニケーションの手段、きっかけとしての作品作りという動機の部分のお話と、工房を手作りしていった過程のお話。
アーティストトークのあとはn15.jpg

直接、高橋さんとお話をn16.jpg

カフェスペースで、写真を撮ってもらう。n17.jpg
すると、
「どうせなら、気に入った作品と一緒に撮ったら?」と言われまして。
気さくな高橋さんとn18.jpg
一緒に写真を。
ガラスの柔らかさと瑞々しさが感じられるプレートn19.jpg
はじめ、水を入れてあるのかと思ったらそうではなかった。
果物とかカナッペとか置いてみたい。
これもやはり、ガラスの瑞々しさが魅力的n20.jpg
玄関に置いておいて、季節の花や小物を飾るといいなと思いました。雰囲気のある作品です。
芸術家のヒトタチ同士のお話n21.jpg
作品にどう自分を反映させるかなどのお話や作品と自分の立ち位置、扱う素材の違い、のようなお話をしてみえたようです。
ワイングラスn22.jpg

               n23.jpg

                           n24.jpg

            n25.jpg

 他にも作品は色々ありました。n26.jpg
この企画は、一ヶ月ちかく展示されます。ご興味あれば、現物を見に行かれると楽しいと思います。(*^_^*)


岐阜で唯一の御茶屋「満豊」のご主人n27.jpg

近々、なうふオーナーの武井英男さんの音頭で、お茶屋遊びの会を開かれるそうです。n28.jpg

外に出ると、いつの間にか月が綺麗な夜になっていました。n29.jpg
おかげ様で、アートを身近に感じた一日となりました。ありがとうございました。

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

店主

Author:店主
「酒のひろせ」の店長です。


ポチッとお願いします。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。