スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんじゃもんじゃ

近くの神社に「なんじゃもんじゃ」の花が咲いていました。
DVC00001.jpg

正式名は、「ヒトツバタゴ」DVC00002.jpg

名前の由来は「タゴ」の木に似ているかららしい。
本来の「タゴ」は葉が二つ対になって出てくる(羽状複葉)、
似ているが、葉っぱが1つ(単葉)だから
「ヒトツバ=タゴ」という事のようです。(違ってたら教えてくださいね~)

ちなみに、「タゴ」は、「田子」
収穫したお米を稲穂のまま、はさかけにする時の支柱に使ったものらしい。


参考
単葉と複葉
http://www2.odn.ne.jp/~had26900/shokubutsu_no_bunrui/morphology_of_leaves1.htm

comment

管理者にだけメッセージを送る

懐かしー

小学校の校庭に咲いていた「なんじゃもんじゃ」
雪が積もった様な白い花がとてもきれいですが、
散った後の掃除がとても大変だった記憶があります。

御代櫻 杜氏さん

そう、「雪が積もったような」という
たとえがピッタリ!
緑の多くなる季節に、
爽やかな感じで目をひかれます。

たしかに掃除は大変かも・・・。
プロフィール

店主

Author:店主
「酒のひろせ」の店長です。


ポチッとお願いします。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。