スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

限定30本の『開運』

限定30本の「開運ひより純米生」が今週末入荷いたします。
                      
  ↑すみません、

来週半ばの入荷になりそうです。


開運といえば、
名杜氏"波瀬正吉"(はせしょうきち)さんがいらっしゃる静岡の銘醸。
そのお蔵が、珍しい酒米でお酒を造りました。

開運 ひより 純米生酒 1800ml¥3,000kaiun hiyori

精米歩合:宮城県産ひより55%
日本酒度:±0
酸度:1.4
アミノ酸度:0.8
仕込水: 高天神湧水

生酒としての入荷は

今回の30本のみとなります。


昨年はじめて、「開運純米ひより」が造られたのですが、
お蔵としては、「ひより」というお米に慣れていなくて苦労されたようです。
それでもあっという間に完売となりました。
今年の「ひより」は、蔵元大満足の自信作だそうです。
酒米品種としても、流通に関しても非常に希少価値があります。
「珍しいのない?」と思っていらっしゃる方にぴったりです。

酒米の名前のこと
「ひより」とは「穏やかな晴天の日」のこと。
自分の娘のように可愛い大切な酒米に、
まさに娘を名づける親の心境で
「辛い中にも笑顔を忘れない、前向きなヒト」になるように
との願いを込めて命名されました。

「開運」のお蔵のこと
土井酒造場 (静岡県小笠郡)
『開運』という銘の由来は、地元小笠郡小貫村の発展を祈り、つけられました。
全国新酒鑑評会では金賞受賞の常連蔵です。
能登杜氏"波瀬正吉"が醸す開運は、どれをとっても飲む人を魅了しています。

仕込み水のこと
日本酒の80%以上は水です。この水がお酒の味に少なからず影響しています。
お酒の味は水の味だとも言う人もいるくらいです。
開運の酒造りに適した水は開運の蔵から2キロほど南に行ったところにあります。
この水は地元の人に「長命水」とも呼ばれている水です。
高天神城跡がありここからわきでている水で、開運を仕込んでいます。
この水は軟水で、口当たりの柔らかなそして優しい味わいの水です。


comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

店主

Author:店主
「酒のひろせ」の店長です。


ポチッとお願いします。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。