スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江戸時代に学ぶ夏ばて予防法

今日は七夕ですね。

残念ながら、天の川はチョッと見えないかも。^_^;

夜空を見上げながら
「逢えない時間が愛育てるのさ♪」などと歌っているヒトも居たりして。
(頷いたあなた・・・。店長と世代が一緒です(^^ゞ)


話は変わります。
夏場に甘酒を飲みたいと思った事あるヒト、少ないのでは。
普通、甘酒って温めて飲みますもんね。

ところが、夏場に冷やして飲むのもウマイ!!
だけじゃなくて、健康にも良いらしい。

実は、そんなお話がTVで放映されます。

メーテレ(名古屋テレビ)
番組名は『UP(アップ)』「江戸時代に学ぶ夏ばて予防法」
7月10日(月曜日)PM6:17~PM7:00
番組前半に10分程取り上げられる予定です。

是非ご覧下さい♪


IMG_5034.jpg


天領 造り酒屋の甘酒のもと
500ml 525円(税込み)

comment

管理者にだけメッセージを送る

夏に甘酒?

アルコールに弱いユジン。。。 でも甘酒なら大好き!
冷たい甘酒って想像できないけど、是非一度飲んでみたいです。
その番組、こっちではやらないよね。
ところで店長さんは、昨夜何をお願いしましたか?

ユジンさん。

ご返事遅くなりました。

はい、残念ながら番組は中部地方限定のものなので、多分ユジンさんの所では放映されないですね。

お願いですか?
仕事が終わった頃に同級生のM君がギターを持ってお店でミニライブをして下さったので。。。しかも、飲みながら。。。知らないうちに日付が変わってしまいました。

あ、その最中にお客さんがみえたんだった。一緒にむりやり?歌を歌わせたりして。。。^_^;

ぜんぜん、ロマンチックではないですね。
(^^ゞ

掲載ありがとうございます!

ユジンさん、店長さん、ありがとうございます。
「甘酒」ってやはり冬の飲み物というイメージがありますよね。でも俳句の季語では「夏」なんです。勿論「冬」もですが…。
酒粕を溶いたものではなく、米と米麹で造った甘酒。勿論ノンアルコール!どなたでも飲むことが出来る「栄養ドリンク」と言ったところでしょうか。
牛乳やヨーグルトで割ったり混ぜると美味しいですよ。原液をそのまま凍らせて、柑橘系の果実の液をかけてシャーベットに。

おっと!宣伝をしてしまいましたが、おそらくどこの都道府県にもあると思いますが、酒蔵だけじゃなく、味噌屋さんも造ってますね。裏表示の原材料名をチェックするのがポイントですね。

ということで、是非甘酒のご用命は「酒のひろせ」さんで、宜しくお願いします!!
プロフィール

店主

Author:店主
「酒のひろせ」の店長です。


ポチッとお願いします。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。