スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

粋な酒蔵 三千櫻

来月、酒会を開く三千櫻さんの事を伝えるのに何か資料はないものか?
とパソコンの中を調べていましたら、2010年に自分が書いた資料を発見しました。
コレをウエブに出すと差しさわりがありそうな気もしましたが、
三千櫻という蔵のことを理解して頂きたいという趣旨で、
このブログにUPします。
特定のどこかの蔵を誹謗中傷するために書いたわけではないと言う事をご理解のうえ、
下の文章をご笑覧頂ければ幸いです。

sDSCN6159.jpg

粋な酒蔵 三千櫻

お酒の表示に、純米、純米吟醸、純米大吟醸などありますが、基本的には、右にいくほど高級なお酒になります。呼び名は、原料米をどれだけ多く磨いたかによって、変わります。

因みに、
純米     精米歩合指定無し(精米歩合の表示義務あり)H15年12月31日までは70%以下の指定あり
純米吟醸   精米歩合60%以下(40%を磨いて除く)
純米大吟醸  精米歩合50%以下(50%を磨いて除く)

そういう知識を逆手にとって、品質が悪く安価なお米を(見かけ上)高精白し、「大吟醸」と名のる酒蔵も意外と多いのが現状です。
冷静に考えれば、「磨くに値する米」を磨くから「高品質な酒」になるのであって、「磨くに及ばない安価な米」を磨いても「安価な米を高精白して造った安価な酒」にしかならないのは自明の理なのですが。
ですから、4合1,500円の大吟醸があったら、そういう表示を選ぶなんて野暮な蔵元だなと感じてしまいます。(なんにでも、値ごろというものがあるのですから)


三千櫻のお酒の表示は、それとは真逆の考え方です。
精米歩合50%以下であれば、「純米大吟醸」と名のれるところをあえて「純米」と表示しています。
確かに、裏ラベルには精米歩合40%と書かれており、知っている人にはすぐに「純米大吟醸」だとわかるのですが。

わかる人にわかってもらえばよい。
飲み手に味で評価してもらえば良い。

という姿勢は、「実直で志の高い蔵元」の心意気を静かにあらわしています。

                    20100805 文責 酒のひろせ 広瀬史樹





どんな、ことにも例外はあります。
たまたま、この文章に当てはまるようなスペックのお酒があったからと言って、
そのお酒のことを良くないと言っているわけではありませんので、
誤解なきようお願いします。
低精白の純米酒で、旨みのしっかりのった酒にチャレンジしたり、
一般米で美味しい純米酒を造られるお蔵も沢山出てきて喜ばしい動きだなと感じます。
そのようなお蔵では、やはり安価な酒に大吟醸とはつけていないようです。


三千櫻さんの表示については、
本音を言えば、やはりいいお酒であれば、
「純米大吟醸」と分かり易く表示してもらいたい。
との気持ちはあります。
ご進物でお酒を選ぶとき、飲食店さんでお酒を選ぶとき、
売り手は美味しい高価なお酒だと分かっていますが、
進物の貰い手、飲食店さんのお客様には
いまひとつ、その良さが、伝わりにくいと感じるからです。

ただ、蔵元の高い志については、やはり素晴らしいと思わずにいられません。
ながながと小難しい事を書きました。(ここまで読んで下さった方に感謝申し上げます。)
酒のひろせが、三千櫻をおすすめする気持ちが少しでも伝わると嬉しいです。
スポンサーサイト

三千櫻の会 in濱芳

sDSCN6447.jpg
『三千櫻の会in濱芳』を10月20日(土)に午後7時~催します。
会費は6,000円

濱芳の吉田さんは、三千櫻さんとのご縁が特に深く、
冬の酒造りの時期には、袋吊りのお手伝い。
夏の米作りの時期には、田んぼの畦の草刈。
と地道にお蔵との交流をしています。


10月の終わりからは、三千櫻さんも造りに専念し始めますので、
その前に皆、蔵元杜氏の山田社長を囲んで今年のお酒を楽しみましょう!(*^^)v
というのが今回の目的です。

そのなかで、次年度の造りの事や、新たに仕込む酒の方向などのお話が伺えたらいいな~と思っています。

皆様のご参加申し込みをお待ちしています。

濱芳さん


先ずは、津島屋ひやおろし。

120924_203806.jpg 120924_204726.jpg 120924_204738.jpg

120924_205326.jpg 120924_205935.jpg 120924_210807.jpg

120924_211537.jpg 120924_211908.jpg 120924_212617.jpg

美味しい酒肴で、楽しい時間を過ごせました。( ^^) _U~~
有難うございます。

濱芳さんは、
カップルやグループはもちろん
ふらりと一人で入っても、ほのぼのと楽しめるお店です。



ひまわり畑


この画面の背中側には、露地ものの薔薇の畑。
薔薇のいい香りが風にのって来て幸せな気持ちになります。

ボジョレーヌーボー


ボジョレーヌーボーの店頭用リストを作成中(^O^)/

年々予約が早くなっていますが、
ヌーボーが来るのは11月の第3木曜日と決まっています。

今年は、1日が第1木曜日なので、第3木曜日は15日です。
今回最も早いボジョレーヌーボーの解禁日となりました。
酒のひろせでも、予約を始めますので、皆様ヨロシクお願いします。

ホントは
ひやおろしを充分楽しんだ後の予約って流れが嬉しいんですけどね。
ひやおろしも、好評発売中ですっ!
コチラもヨロシク(o^-')b

no title


これからセミナー

Kusuda Wines 10周年記念パーティ in大阪

DSCN6170.jpg DSCN6174.jpg DSCN6176.jpg
ウエルカムドリンクは、シャンパン♪豪華です。

DSCN6179.jpg DSCN6187.jpg DSCN6198.jpg
なんと'02ヴィンテージのピノノワール・マグナムボトル!
エレガント♪で、長命なワインです。
(02はクスダワインズのファーストリリース)
「ピノのマグナムボトルは、ニュージーランドの楠田さんの家でしか見たことがありません。」
(by藤丸さん)
日本で初めて開けるこのワインは、
楠田さん自身のハンドキャリーで日本に持ち込まれました(*^^)v

DSCN6199.jpg DSCN6201.jpg DSCN6213.jpg
左のグラスが02ピノ。右が06ピノ。

DSCN6224.jpg DSCN6247.jpg DSCN6261.jpg
正面では、クスダワインズ10年を振り返るスライドショーを上映中。
リースリングのコルクとスクリューキャップの飲み比べ。
左がスクリュー・右がコルク。


DSCN6262.jpg DSCN6265.jpg DSCN6266.jpg


DSCN6283.jpg DSCN6291.jpg DSCN6303.jpg


DSCN6317.jpg DSCN6342.jpg DSCN6350.jpg
画面の奥まで全てクスダワイン。壮観です。

はなざかり

花盛蔵元さんが、sDSCN6158.jpg
親子でご来店下さいました。
有り難いことです。

息子さんが、今年から蔵へ入られることになられて
また楽しみが増えた気がします。

はなざかり 純米大吟なかとりshana.jpg
720ml 3,500円(込)

香り良く、キレも良い。shana2.jpg
上品な味わいです。
やさしいピンクのラベルに銀の箔押し。
東京への土産によく選ばれるのは、
他ではほぼ手に入らないから。
(蔵元が控えめな性格の方なので…。
営業が苦手と言われますが、
味の分かったお客様に支持されています。)

飲んでいただけば、ちゃんと良さが伝わります。(*^^)v


あ、実はこの酒の「しずく」720ml 4,000円もホンの少しだけあります。
「岐阜の地酒に酔う」のイベントでもあの有名なブロガー
(さしさわりありそうなので名前は伏せます)が、
「この会場の中で一番好きです。」と
この蔵の大吟しずくの事を褒めてくれました(*^^)v

プレゼント用


ラッピングしました。
カミさんは、ただ今名古屋のワイン試飲会へ。
夕方迄は事務処理と品だし…。

そうだ、3時には「白雪姫」がお酒を持ってご来店予定。急いで、仕事をすすめましょう。p(^^)q

ホドルスクリークメーカーズディナー inラルーナピエーナ

オーストラリアの人気ワインメーカーのディナーパーティが
ラルーナピエーナで開催されました。

軽く当日の様子をUPします。
sDSCN5950.jpg szDSCN5957.jpg sDSCN5966.jpg

sDSCN5998.jpg sDSCN6004.jpg sDSCN6006.jpg

sDSCN6028.jpg sDSCN6032.jpg sDSCN6049.jpg
sDSCN6068.jpg

とりあえず…。

ひやおろしが大量入荷(*^^)v

ひやおろしが大量入荷(*^^)v ひやおろし
 
昨年人気だった銘柄を中心に仕入れています。
今年は、全般的に出来がいい感じです。
(ていうか、出来がいいのが入荷してるという事でしょうか?)

酒屋八兵衛と竹雀の夢の共演も♪
いろいろ試飲できますので、運転手付きでご来店を。( ^^) _U~~

市販酒研究会


本日評価員として、参加させていただきました。岐阜のお酒の新しい可能性を感じて嬉しくなりました。(^_^)

9月8日(土)は午前中のみの営業とさせていただきます。

お客様へ
今週末9月8日(土)は12時で店頭 配達ともに 営業を終了致します。


オーストラリアのホドルスクリークのフランコご夫妻を
岐阜にお迎えしてのワインディナーが開催されます。
このワイン会に夫婦揃ってスタッフとして参加しますので、
誠に申し訳ないのですが、ご理解ご容赦のほど 宜しくお願いします。 
                          店主

岐阜の地酒に酔う2012in岐阜Ⅱ

sDSCN5864.jpg sDSCN5865.jpg sDSCN5868.jpg

sDSCN5869.jpg sDSCN5872.jpg sDSCN5873.jpg

sDSCN5874.jpg sDSCN5875.jpg sDSCN5876.jpg

sDSCN5877.jpg sDSCN5878.jpg sDSCN5879.jpg

sDSCN5880.jpg sDSCN5881.jpg sDSCN5882.jpg

sDSCN5883.jpg sDSCN5884.jpg sDSCN5885.jpg

sDSCN5886.jpg sDSCN5887.jpg sDSCN5888.jpg

sDSCN5889.jpg sDSCN5890.jpg sDSCN5891.jpg

sDSCN5892.jpg sDSCN5893.jpg sDSCN5894.jpg

sDSCN5895.jpg sDSCN5896.jpg sDSCN5897.jpg
 
sDSCN5898.jpg sDSCN5899.jpg sDSCN5900.jpg

sDSCN5901.jpg sDSCN5902.jpg sDSCN5903.jpg

sDSCN5904.jpg sDSCN5905.jpg sDSCN5908.jpg

sDSCN5909.jpg sDSCN5910.jpg sDSCN5911.jpg

sDSCN5913.jpg sDSCN5914.jpg sDSCN5915.jpg

sDSCN5918.jpg sDSCN5919.jpg sDSCN5920.jpg

sDSCN5921.jpg sDSCN5922.jpg sDSCN5924.jpg

sDSCN5925.jpg sDSCN5926.jpg sDSCN5928.jpg

岐阜の地酒に酔う2012in岐阜

岐阜の地酒に酔う2012in岐阜 sg0.jpg
が、開催されました。
以下パンフレットの順に出展蔵をご紹介します。
(敬称略で失礼します。)

女城主 sg1女城主
金華山 sg2金華山
鯨波 sg3鯨波
久須玉 sg4久須玉
元文 sg5元文
光琳 sg6光琳
小左衛門 sg7小左衛門
白川郷 sg8白川郷
白真弓 sg9白真弓
白雪姫 sg10白雪姫
竹雀 sg11竹雀
玉柏 sg12玉柏
千古乃岩 sg13千古乃岩
天領 sg14天領
長良川 sg15長良川
日本泉 sg16日本泉
初緑 sg17初緑
はなざかり sg18はなざかり
花美蔵 sg19花美蔵
飛騨自慢鬼ころし sg20飛騨自慢鬼ころし
百春 sg21百春
蓬莱 sg22蓬莱
房島屋 sg23房島屋
三千盛 sg24三千盛
三千櫻 sg25三千櫻
美濃紅梅 sg26美濃紅梅
美濃天狗 sg27美濃天狗
御代櫻 sg28御代櫻
醴泉 sg29醴泉
若葉 sg30若葉
プロフィール

店主

Author:店主
「酒のひろせ」の店長です。


ポチッとお願いします。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。